基本方針と重点目標

令和元年度・令和2年度 基本方針と重点目標

基本方針
 昭和27年創設以来60年を経過し、輝かしい歴史と伝統に支えられ、先人諸剣士の並々ならぬ努力と功績によって受け継がれている本連盟は、和を基調とした「以和為剣」を中心に心身並びに技能の錬磨に精進して、会員相互の「融和」を基調として、今後の連盟のさらなる発展を期するべく、自己の人間形成だけでなく、社会的な人間を育成し、剣道理念を通して剣道を愛好し、より人間形成を目指して修養することを基本方針とする。


重点施策と重点項目
 本連盟は、剣道理念に基づいた剣道の普及振興を図る。

1.定例稽古会
①指導者養成研修会(連盟稽古会)及び高段者稽古会(5段以上)。剣道技能の向上、高段者の輩出と特に若手の育成に努める。
②連盟女子稽古会~毎月1回。女性剣士の技能の向上。
③小・中学生杉並区代表選手強化稽古会~杉剣連の次世代を担う若手の育成。春季・夏季・秋季~各種大会に向けての強化稽古。
④一般杉並区代表選手強化稽古会~杉並区剣道連盟代表として、団結と良い結果が残せるように。
⑤他、連盟合同稽古会の実施~大会終了後、会員の親睦と剣道レベルアップを図る。
⑥都立高校体育館使用~剣道技能の向上を図る。

2.講習会
①審判講習会~現在実施している大会前の講習会を充実させ、審判の機会を設ける。
 審判員として、剣道試合審判規則に精通し、有効打突を見極め、適正公平な審判に努める。
②剣道講習会~主に外部講師を招聘して、連盟会員の剣道技能の向上を図る。
③剣道形講習会~剣道形の向上を図る。

3.大会等の開催
①諸大会の充実した運営~常に会員の掌握に努め、適正規模の大会を目指す。
②区民体育祭剣道大会~区民の生涯スポーツの一端を担って成功させる。
③各種対外試合~本連盟の代表として自覚を持って試合に臨むこと。

4.審査会
合格率の向上を図る。
・木刀による剣道基本技稽古法の習得
 一級以下~剣道の基本的な動作や作法を正しく身につける。
・日本剣道形の習得
 三段以下~対人的技能を身につけ、気剣体一致の打ちに心がける。
 四・五段~技能の練磨度を高め、仕掛け技・応じ技が自由に駆使できる。
 六段~剣道の理合いに熟知し、高段者に相応しい心気力一致の剣道を目指す。
 審判能力、日本剣道形の稽古を通して、刀法の理合いを知り、木刀による剣道基本技稽古法などの指導能力を高める。

5.加盟団体・登録団体との相互理解
各団体との相互理解と、一層の協力関係を深める。
①青少年剣道の普及と剣道人口の増加に努める。
②小・中・女子剣道の普及発展をさらに図り、資質の向上と技能の習得に励む。
③段級審査における合格率の向上を図る。
④日本剣道形・木刀による剣道基本技稽古法の修錬とその指導の徹底を図る。

6.事務運営の効率化と充実
①事務の多様化に伴い、加盟団体・登録団体との協力関係を深め、大会等係員派遣に協力し相互の連絡を密にする。
②会計の管理と監査の徹底を図る。
③情報機器の活用を図る。
④個人情報保護法の条例化(17.4.1)に伴い、個人情報の遵守にあたる。


7.剣道の事故防止に努める
事故防止のための稽古や指導法を工夫し、安全に努める。可能な限り傷害保険への加入に努める。